クリニック案内

  1. HOME
  2. クリニック案内
  3. 院内感染防止対策

院内感染防止対策

世界基準の衛生設備で、徹底した院内感染予防

世界基準の衛生設備で、徹底した院内感染予防外科的処置が含まれる歯科医療では、危険なウイルスの感染予防が欠かせません。
そのため、歯科医師を含めたスタッフ全員が、感染症の有無に関わらず、来院される方すべてを対象として、「自分の家族を安心して連れてこられる」ことを基準に、徹底した衛生管理に取り組んでいます。

世界最高水準 クラスB滅菌器

世界最高水準 クラスB滅菌器唾液や血液を扱う歯科医療の現場では、さまざまな感染リスクへの対策は必要不可欠です。当院では、菌を減少させる除菌、一部の菌やウイルスを死滅させる殺菌ではなく、更に上の段階である滅菌にこだわっています。滅菌はあらゆる細菌やウイルスを徹底的に死滅・除去することです。
そのため、世界の中でも厳格とされるヨーロッパ規格(EN13060・クラスB基準)に適合した滅菌器を導入しています。

世界最高基準のクラスBとは?

世界最高基準のクラスBとは?滅菌を行うオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)は、その性能によって、ヨーロッパで3つの基準(クラス)に分けられています。
中でもクラスBは世界で最も厳しいとされる基準で、歯科用器具特有の複雑な形状のものや、滅菌パックに包装されている特殊な状態のものなど、あらゆる機材・器具の高度な滅菌が可能です。

ICウォッシャー

ICウォッシャー器具の洗浄・消毒から乾燥を、全自動で行います。手洗いでは洗い残しがちな、器具の溝やタービンの細管内部など、細かい部分まで洗浄・消毒ができます。

タービンのメンテナンス

タービンのメンテナンス歯を削る機械(タービン)は、患者さまごとに取り替えています。
注油・洗浄し、オートクレーブで滅菌しています。

その他、気をつけていること

  • 患者さんごとに、
    治療器具を完全に滅菌・消毒

    歯科治療の基本セットは、使用/未使用に関わらず、患者さんごとに洗浄・消毒し、使い捨ての滅菌紙に包み、完全に菌がいない状態(=滅菌)します。

  • 治療器具は、診療直前まで
    無菌状態で保管

    滅菌状態で保管されている器具は、診療直前に開封します。こうすることで空中に浮遊する菌などの付着を極力防ぐことができます。

  • 安心・安全 
    使い捨て器具を使用

    滅菌することができない、注射針やコップ、エプロンなどは、すべて使い捨て(ディスポーザブル)なものを使用しています。

  • スタッフ全員の
    衛生意識の向上・管理

    いくら道具がきれいでも、使う人の意識が低ければ意味がありません。当院では衛生管理に対するスタッフの意識向上に努めています。

〒444-1154
愛知県安城市桜井町貝戸尻36-2
アピタ安城南店正面

診療時間 日祝
9:00~12:00
14:00~19:30

◎土曜日の午後診察は14:00~18:00となります
祝日のある週の木曜日は診療いたします。

Calendar Loading

休診 午後 14:00~18:00 その他

お電話でのお問い合わせはこちら

0566-99-2311

受付時間 09:00〜12:00 14:00~19:30