クリニック案内

  1. HOME
  2. 診療内容
  3. ラバーダム防湿

ラバーダム防湿をした、根管治療

あまり見かけたことがないと思いますが、当院では「神経に触る治療(根管治療)」を行うときには、ゴムのシート(ラバーダム)を使います。

ゴムのシート(ラバーダム)を使います

なぜ、せっかく治療した歯がまた痛むの?

「神経を触る治療(根管治療)」をしても、また歯の周りの歯ぐきが腫れたり膿んだりしてしまうことがあります。
せっかく何度も通って治療をしたのに、「再発」してしまったパターンです。

再発の原因はいくつか考えられますが、多くは歯の中に残ってしまった細菌が原因です。
再発させないために大切なのは、「感染した歯を無菌化すること」です。
ただ、実際は歯の中の神経は細く複雑で、細菌を完全に取り除くのは難しく、それが再発につながっています。

当院では再発のリスクを限りなく減らすために、ラバーダム防湿を行っています。

神経を取る治療の進め方

歯の根っこの治療は、この4ステップで進みます

歯の根っこの治療は、この4ステップで進みます。

  1. 表面のむし歯や細菌のエサになる物質を取り除いて形を整える
  2. 歯の中に入り込んでしまった細菌を、薬剤や専用の器具を使って減らす
  3. 神経の通り道であった部分に薬剤を詰め閉鎖する
  4. 詰め物やかぶせ物をする

当院では、それぞれのステップで、少しでも細菌を減らせるようにしたいと思っています。
そのために、一番有効なのは、ラバーダムで治療中の歯をおおい、新たに細菌を歯の中入れないことです。
そうすることで、丁寧に・確実に・精確に治療ができるのです。

何度も治療を繰り返さないために、私たちができること

残念ながら、日本の保険診療にはラバーダムの費用設定がないため、医院側のサービスになってしまっています。
でも、アメリカでは根管治療のときの使用が義務付けられています。
また、ヨーロッパでも、根管治療のときはラバーダムを使用することが当たり前です。
ドラマや映画などの外科手術の際に手術部位に緑色の布をかぶせているのを見たことがある方も多いと思います。
それを1本の歯で行うと考えるとイメージしやすいかもしれませんね。

のむら歯科クリニックでは、「再発したら、また治療をすればよい」と考えるのではなく、
少しでも患者さんが再発で苦しく辛い思いをしないですむように、ラバーダムを使った治療をしていきます。

ラバーダム防湿が、治療の成功率を上げる理由

01. 唾液による感染を防ぐ

歯の表面や唾液、舌などには口腔内常在菌といって、さまざまな細菌が存在します。
治療中の歯の中に唾液が流れ込んでしまうと、せっかく治療した歯がまた細菌汚染してしまいます。
治療する歯以外をおおうことで、唾液が治療中の歯にふれないようにします。

02. 殺菌力の強い消毒薬も使える

治療には殺菌のため、歯の根っこにさまざまな薬をいれて治療をします。そのときに薬剤がお口の中に漏れ出すと、痛みを感じさせてしまったり、苦い・まずい思いをさせてしまったりします。
ラバーダムを使っていれば、殺菌のために本当に効果のある消毒薬を、安心して使うことができます。

03. 舌や頬が邪魔しないので、治療に集中できる(傷つけない)

歯の根の治療はとても細かく根気のいる作業が続きます。
舌や頬が動くことを気にせず、見えている歯だけに集中することができるので、より精密な治療を行うことができます。
患者さんにとっても、舌を器具で抑えられることがありません。

04. 安心感がある

初めてラバーダムをやられる方のほとんどは、見たことがないので『これなんだろう?』と思い不安になる方も多いです。しかし、実際におこなってみると『安心して治療を受けられた』と感じる方が多いのも現実です。
このようにラバーダムは双方にとってメリットが多いものなのです。
ラバーダムを使った日本で実施している医院は全国でも数%しかないと言われています。
理由としては、手間(時間)がかかることと、費用がかかること、テクニックが必要なことです。
でも、「神経を触る治療(根管治療)」の成功率を上げ、再発のリスクを減らすために、当院では治療の際にラバーダム防湿を積極的に実施しています。

〒444-1154
愛知県安城市桜井町貝戸尻36-2
アピタ安城南店正面

診療時間 日祝
9:00~12:00
14:00~19:30

◎土曜日の午後診察は14:00~18:00となります
祝日のある週の木曜日は診療いたします。

Calendar Loading

休診 午後 14:00~18:00 その他

お電話でのお問い合わせはこちら

0566-99-2311

受付時間 09:00〜12:00 14:00~19:30